対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土日・祝日

※ 土日祝・夜間は事前予約で対応

白内障手術で失明してしまった! 医療過誤は認められるのか、過去の事例を挙げて解説/弁護士 野口 眞寿

弁護士 野口 眞寿 > 医療過誤 > 白内障手術で失明してしまった! 医療過誤は認められるのか、過去の事例を挙げて解説

白内障手術で失明してしまった! 医療過誤は認められるのか、過去の事例を挙げて解説

白内障は身近な病気です。軽い症状の方、自覚症状のない方、症状は人それぞれですが、比較的多くの方が白内障を患っています。

そのため白内障手術は実施される件数も多く、技術もある程度成熟しており、安全性の高い手術と評価されています。
しかしながら、リスクが伴わないわけではありません。実際、白内障手術により失明をしてしまったという事故は起こっています。

 

このとき、医療機関側に過失が認められるなら医療過誤として損害賠償請求ができます。医療過誤の問題は専門性が高く、解決も簡単ではありません。
当記事では白内障手術による医療過誤事例を取り上げ、過去にはどのように判断されたのか、損害賠償請求はできるのか、という点を解説していきます。

 

白内障手術による医療過誤のリスク

白内障は、人体のレンズである水晶体が濁ってしまう病気です。
水晶体が濁ることで、視界がぼやけたりかすんで見えたり、視力に悪影響が及びます。

 

罹患率は加齢に伴い増加し、高齢者の多くが白内障に罹患しているといわれています。

しかし症状は徐々に表れますし、軽度の白内障だとなかなか自覚できないこともあります。

 

そもそもすべての白内障患者に手術が必要ということでもありません。
一般的に手術が必要とされるのは、視力の低下が日常生活あるいは仕事に支障をきたしたときです。

そのためそれほど悪化していないものの、法令上一定以上の視力が求められるため、白内障手術を行うという方もいます。

 

白内障手術の内容

白内障の手術は、年間で100万件以上行われています。
日帰りできるケースもあり、その意味では比較的気軽にできる手術であるとも考えられます。

 

手術内容としては、基本的に、濁ってしまった水晶体を取り出し、眼内レンズを入れるという手法により行われます。

程度が重い場合は、水晶体の核となる部分も取り出すことがあります。

 

白内障手術の成功率は高いが医療過誤のリスクもある

白内障手術は、切開の範囲も狭く、身体への負担が小さくて済むケースがほとんどです。

難度の高いものでもなく、あっという間に終わり、痛みを感じる人もほとんどいません。成功率も高く、大きな問題が起こる可能性は低いと考えられています。

 

ただ、次のような症状が現れることがあります。

 

  • 飛蚊症
    小さな糸くず、虫のようなものが浮遊して見える状態
  • 眼内レンズの偏位
    眼内レンズの位置が動いてしまうこと
  • 術後眼内炎
    施術箇所に菌が入り込み、炎症を起こすこと
  • 後発白内障
    手術後しばらく経ってから、後嚢(水晶体嚢の後側)が濁ること

 

失敗とまではいえない手術後の反応が起こることもあれば、失明という最悪のリスクも含んでいます。

ごく稀とはいえ、失明のリスクがあることは認識の上、慎重に手術の実施について判断する必要があります。

 

白内障手術で失明をしたときは損害賠償請求を検討

白内障手術で失明をしたとき、その他損害を被ったとき、医療機関に対して損害賠償請求が

できることがあります。常に賠償金が受け取れるわけではありません。ポイントは単なる医療事故ではなく「医療過誤」として認められるかどうかです。

 

要は、医療機関側の“過失”に基づいて被害が生じたかどうかです。過失については客観的な証拠を用いて立証する必要があります。

 

患者側が証拠を入手するのは難しいですが、過去には損害賠償請求に成功した事例もあります。

 

医療過誤が認められた事例1

白内障手術を受けた75歳の患者が,医療法人および手術を行った医師に対して、手術後網膜剥離を発症しほぼ失明状態になったことについて、損害賠償請求を求めた事例があります。

 

この事例では、被害者は「医師が手術を途中で中止すべきであったのに、手術を続行したのは、注意義務違反だ」と主張しました。

 

審理を経て、裁判所は「本件網膜剥離は手術を中止していれば生じなかったものと推認するのが相当で、網膜剥離を発症したことと本件手術の続行には因果関係がある」と判断し、逸失利益と慰謝料等の損害賠償請求を認容しました(鹿児島地裁,H30.5.22判決)。

 

医療過誤が認められた事例2

白内障手術を受けた74歳の患者が、手術時のミス、術前の無菌処置の不徹底が原因で術後眼内炎に罹患。

左眼を失明したとして、医療機関に対して損害賠償請求をした事例があります。

 

当該事例では、医療機関側の過失の有無が争点となりました。
医療機関側は、「白内障手術において一定の割合で生じる症状だ」と主張していました。しかし審理の結果、裁判所は「施術中のミスにより生じた結果であり、医師の過失がなかったということはできない」と評価し、原告の損害賠償請求を一部認容しました(東京地裁,H13.1.29判決)。

 

医療過誤が認められた事例3

白内障の手術中、硝子体出血による硝子体混濁が生じたものの、網膜剥離には至らず、患者は退院。しかしその後患者は飛蚊症や多重複視の症状を訴え、視力の低下などの異常が確認されました。網膜剝離の確認もできたものの、その場ですぐに緊急手術は行われずに期間が経過。

結果的に網膜剥離が進んで右眼がほぼ失明してしまいました。

 

この事例では、①白内障の手術中に毛様体を損傷したことの過失、②術後の診療で網膜剥離を見逃したことの過失、③網膜剥離の発見後、緊急手術を行わなかったことの過失などが争点となりました。
①と②に関して過失は認められませんでしたが、③につき医師が網膜剥離の状況を把握しつつも直ちに手術を実施しなかったことに対しては過失が認められています。

 

結果、裁判所は原告の請求を一部認容。3,000万円近くの賠償金が認められています(東京地裁,H15.5.7判決)。

 

白内障手術によって失明してしまったときは弁護士に相談

白内障手術で失明してしまった、その他被害を受けた、という場合は弁護士に相談しましょう。

損害賠償請求は被害を受けた方自身が行うことも可能ですが、直接医療機関と一個人が争ったのでは希望通りの賠償金を受け取るのは難しいです。

 

まず、医療機関側や医師の過失を証明するためには、証拠収集が必要です。しかし、その証拠となる各種資料は医療機関側が保有している場合がほとんどです。

そのため公的な手続や医療機関とのやり取りを通して、証拠を集めていかなければなりません。

誠実な対応をしてくれない医療機関だと、個人的に情報の開示を求めてもまともに取り合ってくれない可能性があります。

 

さらに、証拠として使えるかどうかの判断には医学的知見も必要です。

医療過誤に精通している弁護士に依頼をすることで、協力してくれる医師との連携もスムーズになるでしょう。

 

そして、有効な証拠が入手できたとしても、それを上手く使って主張立証していく作業も必要です。

そのため法律のプロ、訴訟のプロである弁護士に対応を任せた方が効果的です。

弁護士 野口 眞寿が提供する基礎知識

  • 企業法務とは

     企業法務とは、企業経営にかかわる法律問題一般に対応する業務のことをいいます。一口に企業の法律問題といっても様々なものが...

  • 就業規則

     就業規則は労働者の労働条件について定めた規則です。就業規則は労働契約の最低基準であり、個々の労働者と就業規則を下回る条...

  • 労務管理について

     労務管理とは、労働者の賃金の計算や労働時間の調節、休暇管理、職場の安全衛生管理、税金や年金などの手続きといった労働者の...

  • 労働問題

     労働問題としては、採用や解雇など労働者の身分にかかわる問題、賃金や有給休暇取得の可否など労働条件にかかわる問題、業務を...

  • 労働契約書の作成

     雇用契約成立の要件は、使用者と労働者の合意のみであり、契約書の作成は要件ではありません。実際、アルバイトなどでは契約書...

  • コンプライアンスマニュア...

     コンプライアンスとは、基本的には、企業の業務が法令を遵守した形で行えるようにシステムを構築し、企業の不祥事を予防するこ...

  • 内部統制

     内部統制とは、会社の業務を法令に適合する形で行えるよう会社内に危機管理体制を構築・運用することをいいます。コンプライア...

  • クレーム処理

     顧客からのクレームは、企業の過失によって被った損害を訴えるクレーム、従業員の態度が気に入らないといった損害が軽微または...

  • 企業法務を弁護士に依頼す...

     企業法務と一口にいっても、その内実は多種多様で、高い専門性と手間が必要となり、企業だけで行うには限界があります。とはい...

  • 債権回収とは

    債権回収とは、一般に、債務者(取引先など)が任意に弁済することができなくなっているときに、債権者側から働きかけて債権の補...

  • 任意回収

    債権回収は、任意回収と強制回収の二つに分類されることがあります。このうち任意回収とは、裁判所を使わずに債権を回収すること...

  • 強制回収

      債権回収には、任意回収の他に、強制回収があります。強制回収は、債務者の任意に渡るのではなく、裁判所の手続きを経て債務...

  • 債権回収を弁護士に依頼す...

      債権回収は自ら行うほか、弁護士に依頼して行うこともできます。また、少額ならば、司法書士に依頼することもできます。上記...

  • 契約書作成とリーガルチェ...

    契約書を作成する上で専門家のリーガルチェックを受けることのメリットは以下の通りです。・紛争を未然に防ぐ契約書は契約内容を...

  • 契約交渉

    契約交渉するにおいて、法的に注意すべき点があります。それは「説明義務」というものです。説明義務とは、ある事実を説明すれば...

  • 売掛金の回収

    売掛金の回収方法としては、以下のものが挙げられます。・交渉による回収相手方と交渉して売掛金を支払うように求める方法です。...

  • 事業承継の方法

    事業承継の方法としては、①事業譲渡(会社法467条)、②M&Aの2種類があります。M&Aについては別の項目で概説するので...

  • M&Aを行う

    M&A(Merger and acquisition)とは、企業の買収・結合・再編の総称です。以下では、M&Aの代表的な...

  • 事業再生の流れ

    事業再生、特に民事再生については、以下のような流れで進んでいきます。・再生手続開始の申立て(民事再生法21条)がされると...

  • 会社設立の流れ

    ○株式会社の設立について株式会社の設立には2種類あります。一つは発起設立(会社法25条1項1号)で、これは発起人が設立時...

  • 株式会社と合同会社の違い

    ○株式会社と合同会社の相違点株式会社と合同会社の共通点としては、どちらも社員の責任が有限責任であるという点です。有限責任...

  • 資本金の決め方

    資本金とは、簡単に言えば会社の運転資金のことです。会社を経営していくためには、従業員の給料や仕入にかかる費用、物品の売買...

  • 資金調達の種類

    資金調達には様々な方法があります。起業を応援してくれる家族や友人からお金を借りるというのも資金調達の一種ですし、銀行から...

  • 創業融資の借入について

    起業時には日本政策金融公庫の創業融資制度を活用することがおすすめです。国が100%出資している日本政策金融公庫は、民間の...

  • 創業計画書作成について

    起業の際には、資金調達のために日本政策金融公庫の創業融資制度などを活用するのが一般的です。しかし、競争倍率が激しいため、...

  • 補助金や助成金の申請

    補助金や助成金の申請の際は、まず応募する補助金や助成金の情報を収集しましょう。どういった条件が課せられているのか、応募の...

  • 事業計画書の作成

    事業計画書とは、これから行うビジネスの計画を表したものであり、これをもとに融資審査がされるなど、事業の将来を大きく左右す...

  • 医療過誤・医療事故を疑っ...

    医療事故と医療過誤は同じように思えますが、似て非なるものです。患者様に医療行為によって何らかの損害があった場合は、どのよ...

  • 医療裁判の流れ

    医療事故が医療過誤によるものであると断定した場合、医療機関側との和解がなければ医療裁判へと移ることがあります。医療裁判は...

  • 意見書(私的鑑定意見書)...

    医療過誤事件では、当時の医療水準に照らし合わせて、それを下回る医療が施されていたのかどうかが重要な争点となります。そのた...

  • 医療事故・医療ミスの種類

    医療過誤の種類はよくイメージされるような手術などの技術的なミスだけではありません。医療過誤にもいくつかの種類があり、それ...

  • 協力医とは

    医療裁判においては、専門的知識を持ち、かつ医療を生業としている医師の協力が不可欠です。被告側の医療機関が医療のプロである...

  • 医療過誤を弁護士に依頼す...

    医療過誤では初期の情報収集が非常に重要です。カルテや診断書の収集は欠かせません。また、これらが改ざんされないように裁判所...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

法律を知らないばかりに悩んでいる人々の力になりたい。

野口弁護士の写真
野口弁護士の写真
弁護士
野口 眞寿
所属団体・資格等
  • 第一東京弁護士会 住宅紛争処理審査会運営委員会 委員会
  • 医療問題弁護団
  • 公益社団法人 東京青年会議所
  • 文京区基本構想推進区民協議会 委員
  • 公益財団法人 文京アカデミー 評議員
  • 文京区倫理法人会
略歴
2008年 東洋大学法学部 卒業
2011年 東洋大学法科大学院 卒業
2011年 司法試験合格
2012年

弁護士登録 第一東京弁護士会(登録番号46872)

神保町法律事務所 入所

文京区 行財政改革区民協議会 委員 就任

東洋大学法科大学院アカデミックアドバイザー 就任

公益社団法人東京青年会議所 入会

2013年

初雁総合法律事務所 設立

公益財団法人文京アカデミー 評議員 就任

推薦文を頂戴いたしました

鍼灸師

鍼灸師
日々日々進化する最新医学の学びを惜しまない、勉強熱心な先生です。

担当医師と良好な関係とは言い難い状況はどなたにも経験があること。

こういった場面に弁護士の先生が助けてくださることを知らずに過ごしていたら、今頃どうなっていただろうと怖くなります。

健康状態が不安な中で、先生の存在がメンタル面を支えてくれました。

お人柄がよく、ご相談しやすいこと、そしてわかりやすい説明で安心してお任せすることができました。

日々日々進化する最新医学の学びを惜しまない、勉強熱心な先生です。

社会保険労務士法人代表

社会保険労務士法人代表
野口眞寿弁護士は、迅速に対応できる信頼できる弁護士です。

私は仕事柄、社長とお会いする機会が多いのですが、トラブルに巻き込まれたある会社の社長から相談があり、紛争の恐れがあったため、社長に了解を経て、野口眞寿弁護士を紹介した所、その日のうちに社長の相談を受け、迅速にまたとても丁寧に対応してくださいました。結果トラブルの相手に直接連絡していただき解決に導いていただきました。

野口眞寿弁護士は、迅速に対応できる信頼できる弁護士です。

公認会計士

公認会計士
まずは電話でも良いので、苦しくなる前に相談してみるのが一番だと思います。

事業主となれば業務上様々なトラブルに遭遇することが少なからずあります。

そのトラブルに対して迂闊な対応をしてしまうと問題が大きくなり、更なるストレスに苛まれてしまいます。

私は上記のようなストレスを感じる前に元々知人であった野口弁護士に相談することにより「もし相手が今後このような動きをしたらこう対応します。」という回答をいただき、安心感を覚えました。

今は顧問弁護士に就任いただき、普段は飲み仲間、有事の際は法律の専門家としてトラブル対応に注力いただいております。

まずは電話でも良いので、苦しくなる前に相談してみるのが一番だと思います。

事務所概要

フットワーク軽く、積極的に解決策を提案いたします。

<個人の方>

離婚の問題や交通事故問題、相続や借金問題など、大小に関わらず身近なトラブルはぜひ当法律事務所にご相談ください。

正式に仕事をご依頼いただくまでは、法律相談料以外の費用が発生することはありません。

<企業の方>

企業間における契約書のトラブルや金銭のトラブル、企業内の社内トラブルなど、企業経営における様々な法律トラブルを未然に防ぐことに尽力しております。

起こってから対応するよりも起こる前に予防する「予防法務」のお手伝いならお任せ下さい。

事務所名 初雁総合法律事務所
代表者 野口 眞寿 (のぐち まさとし)
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル4F
電話番号/FAX番号
(担当:野口)
TEL:050-3184-3790 / FAX:050-3730-7809
対応時間

平日 10:00~18:00

※ 事前予約で時間外も対応可能です

定休日

土・日・祝日

※ 事前予約土。日・祝日も対応可能です

LINE公式アカウント

当事務所ではLINEでの相談対応が可能です。(LINE ID:@691yberd お気軽に友だち登録して相談してください。

■登録方法について LINEの「友だち追加」からQRコードを読み取っていただくか、友だち追加ボタンをタップしてご登録ください。

URL:https://lin.ee/bWLXcxp

友だち追加

ページトップへ