対応時間
平日 10:00~18:00
定休日
土日・祝日

※ 土日祝・夜間は事前予約で対応

インフォームドコンセント 法律/弁護士 野口 眞寿

弁護士 野口 眞寿 > 医療過誤に関するキーワード > インフォームドコンセント 法律

インフォームドコンセント 法律

  • 医師の説明義務違反

    近年、インフォームドコンセントに対する注目が高まり、それに伴って、医師の「説明義務」が認められるようになりました。 説明義務は、いくつかの判例でも実際に承認されています。 ■最判平成13年11月27日判時1769号56頁医師は、患者の疾患の治療のために手術を実施するに当たっては、診療契約に基づき、特別の事情のない...

  • インフォームドコンセントとは

    このような動きの中で、インフォームドコンセントが認識されるようになりました。 日本における具体的な動きとしては、インフォームドコンセントを踏まえた医療法の改正が行われたことが挙げられます。 医療法第1条の2第1項 医療は、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、医師や看護師等の医療の担い手と医療を受ける者との信頼関...

  • 浮気・不倫の慰謝料

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。慰謝料に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 財産分与

    日本の法律では「離婚の際には、相手方に対し財産の分与を請求することができる」と定められています。つまり「財産分与」は、法的に保障された権利なのです。できるだけ離婚後の生活に対する金銭的なご不安を軽減していただいた上で、前向きに離婚を目指していただきたいと思います。初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅...

  • 調停離婚

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。調停離婚に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 裁判離婚

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。裁判離婚に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 親権と監護権

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。親権と監護権に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください...

  • DV被害

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。DV被害に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 企業法務とは

     企業法務とは、企業経営にかかわる法律問題一般に対応する業務のことをいいます。一口に企業の法律問題といっても様々なものがあるため、企業法務の内容も多種多様になります。 企業法務の分類方法としては、主に、①活動対象による分類、②活動方法による分類があります。 活動対象による分類は、企業の「外」に対する法務活動か企業...

  • 就業規則

     就業規則を労働者に不利益な規定に変更し、それにともなって労働契約の内容を一律に変更する場合には、原則として個々の労働者との合意が必要となります。 ただし、法律の定める一定の条件をみたす場合には個々の労働者との合意なく就業規則の不利益変更が可能です。

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    そこで、企業法務についてわからないことを弁護士に相談し、正確な知識を得るリスクを軽減したり、一定の法律にかかわる事務について委任契約を締結して弁護士に委託するなどして、弁護士を活用することが考えられます。 弁護士の依頼にあたっては、顧問契約を締結することが推奨されます。顧問弁護士は顧問先の依頼に優先的に対応するの...

  • 債権回収とは

    初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に幅広い相談を受け付けております。「債権回収」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 任意回収

    初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に幅広い相談を受け付けております。「任意回収」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 強制回収

    このように担保物権には確実性があるため、実務上非常によく用いられます。初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に幅広い相談を受け付けております。「強制回収」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    一番にあげられるのは、弁護士は法律の専門家である以上、債権回収に関しても法律上最善のアプローチを取ることができるために、回収に向けての適正な手続きが正しいタイミングで行われることが期待できます。法律の素人ではなかなか難しい判断について、弁護士はノウハウを持ち合わせています。また、本人以外が回収を行うことで、任意回...

  • 契約書作成とリーガルチェック

    初雁総合法律事務所では、契約書のリーガルチェックといった企業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

  • 契約交渉

    初雁総合法律事務所では、契約交渉支援といった企業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

  • 売掛金の回収

    一般的な金銭債権であれば10年(民法167条1項)、商事債権であれば5年(商法522条)で時効です。初雁総合法律事務所では、売掛金の回収といった企業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

  • 事業承継の方法

    事業譲渡(467条1項1号、2号)とは、一定の事業目的のため組織化され、有機的一体として機能する財産の全部又は重要な一部を譲渡し、これによって、会社がその事業活動の全部又は重要な一部を譲受会社に受け継がせ、会社が法律上当然に競業避止義務(21条)を負う結果を伴うもの(最大判昭和40年9月22日民集19巻6号160...

  • M&Aを行う

    初雁総合法律事務所では、「定款変更」、「会社 定款」、「法人 定款」、「定款 目的」などさまざまな企業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

  • 事業再生の流れ

    なお、東京地方裁判所の民事再生手続標準スケジュールによれば、民事再生の期間は約5ヵ月間とされています。初雁総合法律事務所では、事業再生といった企業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

  • 会社設立の流れ

    初雁総合法律事務所では、「IT 起業」、「学生 起業」、「新規開業」、「ベンチャー 起業」、「社内起業」、「開業準備」、「創業補助」、「創業時 資本金」、「創業支援」、「創業 助成金」、「起業 方法」、「創業融資 必要書類」、「創業融資 銀行」などさまざまな起業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷...

  • 株式会社と合同会社の違い

    初雁総合法律事務所では、「合同会社 出資」、「会社設立 融資」、「会社 登記住所」、「会社 助成金」、「会社設立 資本金」、「定款認証 費用」、「法人成り」、などさまざまな起業支援業務を取り扱っております。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県でご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽に...

  • 資本金の決め方

    しかし、法律改正によって最低資本金制度は撤廃され、いまでは1円から会社を設立することが可能となりました。もし、会社を設立することが目的であれば資本金は1円でも良いでしょう。それだけでも株式会社としての税金面での恩恵等が享受できます。しかし、色々な会社とお付き合いをして事業を行っていくのであれば、資本金の金額は多い...

  • 資金調達の種類

    初雁総合法律事務所は東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に一都三県にて皆さまからのご相談を承っております。起業をお考えの際は、当職までお気軽にお問い合わせください。ご相談者様に寄り添い、長期的な視点に立ったサポートをお約束いたします。

  • 創業融資の借入について

    初雁総合法律事務所は東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に一都三県にて皆さまからのご相談を承っております。起業をお考えの際は、当職までお気軽にお問い合わせください。ご相談者様に寄り添い、長期的な視点に立ったサポートをお約束いたします。

  • 創業計画書作成について

    初雁総合法律事務所は東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に一都三県にて皆さまからのご相談を承っております。起業をお考えの際は、当職までお気軽にお問い合わせください。ご相談者様に寄り添い、長期的な視点に立ったサポートをお約束いたします。

  • 補助金や助成金の申請

    初雁総合法律事務所は東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に一都三県にて皆さまからのご相談を承っております。起業をお考えの際は、当職までお気軽にお問い合わせください。ご相談者様に寄り添い、長期的な視点に立ったサポートをお約束いたします。

  • 事業計画書の作成

    これが事業計画書の作成で重要なポイントです。初雁総合法律事務所は東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に一都三県にて皆さまからのご相談を承っております。起業をお考えの際は、当職までお気軽にお問い合わせください。ご相談者様に寄り添い、長期的な視点に立ったサポートをお約束いたします。

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 医療裁判の流れ

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 意見書(私的鑑定意見書)とは

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 医療事故・医療ミスの種類

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 協力医とは

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 医療過誤を弁護士に依頼するメリット

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 売掛金の時効

     初雁総合法律事務所は、東京都文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県からも、皆さまからのご相談を承っております。債権回収に関することでお悩みの際は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。実績豊富なプロフェッショナルが、皆さまのお悩みを解決いたします。

  • 千代田区の起業相談は初雁総合法律事務所(弁護士野口眞寿)にお任せください

    弁護士であれば、起業準備段階からサポートすることができ、内部統制システムの構築や契約書締結における法律面でのアドバイスなど幅広い分野で活躍することができます。ビジネスを軌道に乗せ、起業を成功へと導くためにも、弁護士を活用を検討されてみてはいかがでしょうか。 初雁総合法律事務所は、東京都文京区、千代田区、渋谷区、板...

  • 江東区の離婚問題は初雁総合法律事務所(弁護士野口眞寿)にお任せください

    初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。離婚に関するお悩みは、当事務所までお気軽...

  • 養育費の計算方法

    そんな時は法律の専門家である弁護士に相談をしてみるのも手段のひとつです。初雁総合法律事務所では離婚問題・医療過誤・相続のトラブルを中心にさまざまな法律に関する問題を取り扱っております。事務所を構えている文京区はもちろん、千代田区・渋谷区・板橋区・江東区を中心に首都圏である一都三県におすまいの方のお悩みをサポートさ...

  • カルテ開示や診療記録の入手方法

    初雁総合法律事務所では、医療問題弁護団に所属し、弁護活動を行なっている関係で、多く事件に接する機会があります。それぞれ専門の医療現場で治療に当っている医師に協力を仰ぎ、意見やアドバイスをもらう協力体制も整っています。事務所を構えている文京区はもちろん、千代田区・渋谷区・板橋区・江東区を中心に首都圏である一都三県に...

  • 医療過誤は何年で時効になるか

    初雁総合法律事務所では、医療問題弁護団に所属し、弁護活動を行なっている関係で、多く事件に接する機会があります。それぞれ専門の医療現場で治療に当っている医師に協力を仰ぎ、意見やアドバイスをもらう協力体制も整っています。事務所を構えている文京区はもちろん、千代田区・渋谷区・板橋区・江東区を中心に首都圏である一都三県に...

  • 誤診・癌の見落とし

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 医療ADRとは

    初雁綜合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • 養育費はいつまで支払うか

     初雁総合法律事務所は、離婚に関するお悩みに加え、幅広い法律のお悩みに対し解決策をご提案いたします。文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区をはじめとして、一都三県にお住まいのお客様に広くお応えいたしております。事前予約で時間外・夜間の対応も可能です。離婚に関するお悩みは、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 美容整形で後遺障が残った場合

    初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • B型肝炎

    初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

  • C型肝炎

    初雁総合法律事務所では、文京区、千代田区、渋谷区、板橋区、江東区を中心に、一都三県で皆様の医療過誤の問題に対してご支援をさせていただいております。「医療事故があったが、病院側の説明に納得がいかず医療過誤を疑っている」「医療過誤の疑いがあるが、判断が難しいので弁護士に相談をしたい」といったお悩みは当事務所までお気軽...

弁護士 野口 眞寿が提供する基礎知識

  • 浮気・不倫の慰謝料

    離婚をお考えの方の中には、慰謝料の請求についてお考えの方も少なくないでしょう。しかし、全ての離婚のケースにおいて慰謝料を...

  • 財産分与

    「離婚後の生活が金銭的に成り立つか不安で、離婚に踏み切ることができない」「離婚したら、財産を全て失ってしまうのではないか...

  • 調停離婚

    離婚を目指す場合、まずは「協議離婚」、つまり当事者の話し合いによって離婚を成立させることができないか模索することになりま...

  • 裁判離婚

    裁判離婚は、離婚を成立させるための最終手段です。どれだけ離婚に関する決着がつかなかったケースであっても、最後は裁判離婚で...

  • 親権と監護権

    離婚問題の中で、特に当事者双方の合意が得られにくいと言われているのが、お子様の親権をめぐる問題です。なぜなら、親権者とな...

  • DV被害

    「DV」つまりドメスティックバイオレンスとは、精神的、肉体的、経済的、性的などの暴力を指す言葉です。日本におけるDV被害...

  • 企業法務とは

     企業法務とは、企業経営にかかわる法律問題一般に対応する業務のことをいいます。一口に企業の法律問題といっても様々なものが...

  • 就業規則

     就業規則は労働者の労働条件について定めた規則です。就業規則は労働契約の最低基準であり、個々の労働者と就業規則を下回る条...

  • 労務管理について

     労務管理とは、労働者の賃金の計算や労働時間の調節、休暇管理、職場の安全衛生管理、税金や年金などの手続きといった労働者の...

  • 労働問題

     労働問題としては、採用や解雇など労働者の身分にかかわる問題、賃金や有給休暇取得の可否など労働条件にかかわる問題、業務を...

  • 労働契約書の作成

     雇用契約成立の要件は、使用者と労働者の合意のみであり、契約書の作成は要件ではありません。実際、アルバイトなどでは契約書...

  • コンプライアンスマニュア...

     コンプライアンスとは、基本的には、企業の業務が法令を遵守した形で行えるようにシステムを構築し、企業の不祥事を予防するこ...

  • 内部統制

     内部統制とは、会社の業務を法令に適合する形で行えるよう会社内に危機管理体制を構築・運用することをいいます。コンプライア...

  • クレーム処理

     顧客からのクレームは、企業の過失によって被った損害を訴えるクレーム、従業員の態度が気に入らないといった損害が軽微または...

  • 企業法務を弁護士に依頼す...

     企業法務と一口にいっても、その内実は多種多様で、高い専門性と手間が必要となり、企業だけで行うには限界があります。とはい...

  • 債権回収とは

    債権回収とは、一般に、債務者(取引先など)が任意に弁済することができなくなっているときに、債権者側から働きかけて債権の補...

  • 任意回収

    債権回収は、任意回収と強制回収の二つに分類されることがあります。このうち任意回収とは、裁判所を使わずに債権を回収すること...

  • 強制回収

      債権回収には、任意回収の他に、強制回収があります。強制回収は、債務者の任意に渡るのではなく、裁判所の手続きを経て債務...

  • 債権回収を弁護士に依頼す...

      債権回収は自ら行うほか、弁護士に依頼して行うこともできます。また、少額ならば、司法書士に依頼することもできます。上記...

  • 契約書作成とリーガルチェ...

    契約書を作成する上で専門家のリーガルチェックを受けることのメリットは以下の通りです。・紛争を未然に防ぐ契約書は契約内容を...

  • 契約交渉

    契約交渉するにおいて、法的に注意すべき点があります。それは「説明義務」というものです。説明義務とは、ある事実を説明すれば...

  • 売掛金の回収

    売掛金の回収方法としては、以下のものが挙げられます。・交渉による回収相手方と交渉して売掛金を支払うように求める方法です。...

  • 事業承継の方法

    事業承継の方法としては、①事業譲渡(会社法467条)、②M&Aの2種類があります。M&Aについては別の項目で概説するので...

  • M&Aを行う

    M&A(Merger and acquisition)とは、企業の買収・結合・再編の総称です。以下では、M&Aの代表的な...

  • 事業再生の流れ

    事業再生、特に民事再生については、以下のような流れで進んでいきます。・再生手続開始の申立て(民事再生法21条)がされると...

  • 会社設立の流れ

    ○株式会社の設立について株式会社の設立には2種類あります。一つは発起設立(会社法25条1項1号)で、これは発起人が設立時...

  • 株式会社と合同会社の違い

    ○株式会社と合同会社の相違点株式会社と合同会社の共通点としては、どちらも社員の責任が有限責任であるという点です。有限責任...

  • 資本金の決め方

    資本金とは、簡単に言えば会社の運転資金のことです。会社を経営していくためには、従業員の給料や仕入にかかる費用、物品の売買...

  • 資金調達の種類

    資金調達には様々な方法があります。起業を応援してくれる家族や友人からお金を借りるというのも資金調達の一種ですし、銀行から...

  • 創業融資の借入について

    起業時には日本政策金融公庫の創業融資制度を活用することがおすすめです。国が100%出資している日本政策金融公庫は、民間の...

  • 創業計画書作成について

    起業の際には、資金調達のために日本政策金融公庫の創業融資制度などを活用するのが一般的です。しかし、競争倍率が激しいため、...

  • 補助金や助成金の申請

    補助金や助成金の申請の際は、まず応募する補助金や助成金の情報を収集しましょう。どういった条件が課せられているのか、応募の...

  • 事業計画書の作成

    事業計画書とは、これから行うビジネスの計画を表したものであり、これをもとに融資審査がされるなど、事業の将来を大きく左右す...

  • 医療過誤・医療事故を疑っ...

    医療事故と医療過誤は同じように思えますが、似て非なるものです。患者様に医療行為によって何らかの損害があった場合は、どのよ...

  • 医療裁判の流れ

    医療事故が医療過誤によるものであると断定した場合、医療機関側との和解がなければ医療裁判へと移ることがあります。医療裁判は...

  • 意見書(私的鑑定意見書)...

    医療過誤事件では、当時の医療水準に照らし合わせて、それを下回る医療が施されていたのかどうかが重要な争点となります。そのた...

  • 医療事故・医療ミスの種類

    医療過誤の種類はよくイメージされるような手術などの技術的なミスだけではありません。医療過誤にもいくつかの種類があり、それ...

  • 協力医とは

    医療裁判においては、専門的知識を持ち、かつ医療を生業としている医師の協力が不可欠です。被告側の医療機関が医療のプロである...

  • 医療過誤を弁護士に依頼す...

    医療過誤では初期の情報収集が非常に重要です。カルテや診断書の収集は欠かせません。また、これらが改ざんされないように裁判所...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

法律を知らないばかりに悩んでいる人々の力になりたい。

野口弁護士の写真
野口弁護士の写真
弁護士
野口 眞寿
所属団体・資格等
  • 第一東京弁護士会 住宅紛争処理審査会運営委員会 委員会
  • 医療問題弁護団
  • 公益社団法人 東京青年会議所
  • 文京区基本構想推進区民協議会 委員
  • 公益財団法人 文京アカデミー 評議員
  • 文京区倫理法人会
略歴
2008年 東洋大学法学部 卒業
2011年 東洋大学法科大学院 卒業
2011年 司法試験合格
2012年

弁護士登録 第一東京弁護士会(登録番号46872)

神保町法律事務所 入所

文京区 行財政改革区民協議会 委員 就任

東洋大学法科大学院アカデミックアドバイザー 就任

公益社団法人東京青年会議所 入会

2013年

初雁総合法律事務所 設立

公益財団法人文京アカデミー 評議員 就任

事務所概要

フットワーク軽く、積極的に解決策を提案いたします。

<個人の方>

離婚の問題や交通事故問題、相続や借金問題など、大小に関わらず身近なトラブルはぜひ当法律事務所にご相談ください。

正式に仕事をご依頼いただくまでは、法律相談料以外の費用が発生することはありません。

<企業の方>

企業間における契約書のトラブルや金銭のトラブル、企業内の社内トラブルなど、企業経営における様々な法律トラブルを未然に防ぐことに尽力しております。

起こってから対応するよりも起こる前に予防する「予防法務」のお手伝いならお任せ下さい。

事務所名 初雁総合法律事務所
代表者 野口 眞寿 (のぐち まさとし)
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-4 水道橋ビル4F
電話番号/FAX番号
(担当:野口)
TEL:050-3825-2272 / FAX:050-3730-7809
対応時間

平日 10:00~18:00

※ 事前予約で時間外も対応可能です

定休日

土・日・祝日

※ 事前予約土。日・祝日も対応可能です

LINE公式アカウント

当事務所ではLINEでの相談対応が可能です。(LINE ID:@691yberd お気軽に友だち登録して相談してください。

■登録方法について LINEの「友だち追加」からQRコードを読み取っていただくか、友だち追加ボタンをタップしてご登録ください。

URL:https://lin.ee/bWLXcxp

友だち追加

ページトップへ